ピアノ講師の仕事、一生懸命がんばります。


by ifg9msyy4g
 菅直人首相は13日午後、中国の温家宝首相と電話で会談する。菅政権発足を踏まえ、日中の戦略的互恵関係を引き続き発展させていく方針を確認するとともに、北朝鮮問題への対応などを話し合うとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島〜ジョンウン氏10代の写真を入手〜
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】「内燃化」する?中国の民主化運動
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」

<布川事件>再審初公判は7月9日 水戸地裁土浦支部で(毎日新聞)
北教組委員長代理に有罪判決 札幌地裁 小林氏進退表明へ(産経新聞)
デンマークの認知症ケア 29日にシンポジウム(産経新聞)
荒井戦略相 知人宅を「主たる事務所」に 活動実態なく(毎日新聞)
工場で塩酸漏れ 男性8人重軽傷(産経新聞)
[PR]
# by ifg9msyy4g | 2010-06-16 14:44
 7日午前2時5分頃、名古屋市中村区中村町のコンビニ「セブンイレブン名古屋中村町7丁目店」で、店に入ってきた男が男性店員(38)に空気入れを見せて、「金を出せ、1万円でもいい。ガラスを割るぞ」と脅した。

 店員が1000円を渡したところ、「1000円なんか要らん。1万円出せ」とさらに要求。別の店員が110番したため、男は缶コーヒーと菓子(計238円相当)を奪って逃げたが、駆けつけた中村署員に強盗容疑で現行犯逮捕された。

 発表によると、男は住所不定、無職本川啓次容疑者(82)。

 調べに対して、「数日前から何も食べてなかった」と供述しているという。

皮膚などから肝臓の幹細胞=体外で大量培養可能に―世界初・国立がんセンター(時事通信)
<福井新聞社>DVD無断複製で逮捕の記者を懲戒解雇(毎日新聞)
<文科省>学力テスト「要改善」 行政事業レビュー(毎日新聞)
<雑記帳>フットサル大会に大使館員チームら 南アW杯記念(毎日新聞)
「ごめんね…」首相は閣僚につぶやいた(産経新聞)
[PR]
# by ifg9msyy4g | 2010-06-07 15:33
 「木瀬部屋は消滅」――。大相撲名古屋場所で暴力団幹部らが、一般では入手できない維持員席で観戦していた問題で、日本相撲協会は27日、チケット入手に関係した木瀬親方を2階級降格させる処分などを発表した。

 部屋の閉鎖という前例のない処分。角界では、暴行死事件や薬物事件など不祥事が続いているだけに、識者からは「親方の処分だけでは、世間は納得しないのではないか」といった厳しい指摘も出た。

 「多くの相撲ファンの皆様方には、ご迷惑とご心配をかけまして、心よりおわび申し上げます」

 理事会後の処分発表の記者会見。日本相撲協会の武蔵川理事長(元横綱・三重ノ海)は冒頭で、深々と頭を下げた。

 会見に同席した協会広報部長の陸奥親方(元大関・霧島)によると、木瀬親方はこの日の理事会でも、「暴力団が席に座っているとは知らなかった」と弁明した。しかし、理事会では相撲ファンに迷惑をかけたという点を問題視。「何年も前からチケットを渡しており、わからなかったでは済まされない」と判断したという。陸奥親方は「大変厳しい処分だったと思う」と述べたうえで、「再発防止策を考えている。これからやっていきたい」と語った。

 木瀬親方は、理事会が終わった午後3時頃、疲れ切った表情で報道陣の前に姿を現した。「(処分は)しょうがない。とにかく若い衆が相撲を取れる環境を作ってもらいたい」と語ったが、自身の暴力団との関係については「(チケットの譲渡先が)暴力団とは思わなかった。関係は全くない」と改めて強調した。

 部屋関係者によると、弟子たちに対しては同日夕、木瀬親方から直接、処分について説明があったという。外出先から自転車で部屋に戻ってきた弟子の一人は、「今、親方に呼ばれたばかりなので……」と答えるのが精いっぱい。別の弟子は、唇をかみしめたまま無言で部屋に入った。

 一方、けん責処分を受けた清見潟親方は、「処分は甘んじて受けます。本当に申し訳ありません」と消え入りそうな声で話した。

ブランド品300万円相当が盗難 京都(産経新聞)
参院比例に元レーサー=みんな(時事通信)
「普天間」日米が大筋合意 辺野古周辺に代替滑走路 訓練の県外移転を検討(産経新聞)
鳩山首相、沖縄入り…日米合意伝達へ(読売新聞)
ASEAN各国に自動車基準・認証協力イニシアティブを提案(レスポンス)
[PR]
# by ifg9msyy4g | 2010-05-28 15:51
 栃木県警宇都宮南署は15日、宇都宮市大和、栗原敏夫容疑者(70)を暴力行為の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、栗原容疑者は15日午後5時5分頃、同市八千代の路上で、同市内の男性会社員(29)に、鉄製くぎぬき(全長約30センチ)を右手に持って「ぶっ殺してやる」などと怒鳴り、脅した疑い。栗原容疑者は自転車で走行中、携帯電話を使いながら自転車で対向してきた男性に、「携帯を使っているんじゃない」などと指摘。口論になり、前かごに入れたくぎぬきを手に取ったという。

島根原発あすから立ち入り検査 点検漏れ506カ所(産経新聞)
<ハンスト>茨城・入管センターの収容者70人、待遇改善訴え(毎日新聞)
羽根が先勝=囲碁本因坊戦(時事通信)
70歳の有名スリ「三ちゃん」逮捕 70歳「生活保護だけでは…」(産経新聞)
赤いバイクで「ちょっとこっちに…」女児に声掛けの不審者情報相次ぐ 品川区 (産経新聞)
[PR]
# by ifg9msyy4g | 2010-05-20 02:19
【風(8)女の生き方】

 しばらくお休みをいただいた「風」だが、もう少し「女の生き方」をテーマに話を進めたい。

 これまで当欄に寄せられた意見の中には《結婚を考える前に恋愛を》《本当に愛することができる人にめぐりあいたい》など、恋愛観や結婚観に関するものも数多くあった。

 《結婚したのは、好きな人ができて「この人の子供が産みたい」という本能的・圧倒的な気持ちがあったからです》。英国在住のファンドマネジャーの女性(52)からは、そんなメールをいただいた。

 女性は長年にわたって海外の金融機関で勤務。その間に結婚し、2人の子供をもうけた。ただ《圧倒的な気持ち》の半面、結婚は、その時々の状況や運など、さまざまな要素が絡みあった結果だと感じているそうだ。

 女性は《結婚するか、未婚のままか、どっちが得か考えてみようなどという余裕はありませんでした》と、無我夢中だった自分を振り返っている。

 一方、9年前に結婚したという生花店を営む女性(43)は《仕事を好きなだけさせてくれること、料理は主人が作ること、財布は別であること》の3点で合意したことが、結婚の決め手になったという。「理解ある男性」の存在は、仕事を持つ女性にとって、結婚への大きな推進力になるようだ。

 最近では、インターネットの普及で情報が多様化し、恋愛観や結婚観が複雑化していると指摘する専門家もいる。出会いを斡旋(あっせん)する“婚活サイト”をのぞいてみると、希望する収入や趣味、学歴など条件を設定して相手を絞り込むシステムが導入されており、より現実的な要素が重視されているような印象を受ける。

 アクサ生命が今年3月にまとめた独身女性600人を対象とする「オトナの女のリスク実態調査」によると、理想の年収は結婚相手が平均552.2万円だったのに対し、愛する人に求める年収は270.5万円と、大きな差があった。

 「恋愛と結婚は別」とはよく聞くフレーズだが、こうした結果をみると、最近はその傾向がより強まっているのではないかと感じさせられる。(佳)

      ◇

Eメール Kaze@sankei.co.jp FAX 06−6633−1940 郵送 〒556−8661(住所不要)産経新聞社会部「風」 お便りには、ご自身の電話番号、年齢を明記してください

【関連記事】
専業主婦も向き不向き…輝ける人生って?
女性の人生の幸福度「結婚7割、仕事2割?」
“カツマー”の生き方「結婚、子育てで女性は成長出来る」
そこそこ主義、ストレスなく“カヤマー”
私生活も“カツマー” 努力主義…幸せ?
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

小学館文庫小説賞に永井さん(産経新聞)
鳩山首相、今月中旬にも沖縄再訪問の意向(読売新聞)
<B型肝炎訴訟>和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」(毎日新聞)
首相動静(5月4日)(時事通信)
<健康保険法>改正案 協会けんぽ保険料上昇抑制 健保反発(毎日新聞)
[PR]
# by ifg9msyy4g | 2010-05-12 18:15